フォト
無料ブログはココログ

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009.05.31

久し振りのめるまが

えびねっとメールマガジン、略して、えびまが。
1年半ぶりの発行で、休刊状態になっていました。

まぐまぐのサービスを利用していますが、いまは、いろんなサービスがあるようで
目移りしてしまいました。

これから、すこしづつ、復活というかんじで、始めていきたいと思います。
雑誌やお店にいってみると、レッドビーシュリンプも、随分、市場がかわったなあと
感じました。
香港、ドイツ、日本・・・世界中であらたな個体がうまれているようです。
なかなか、高額で手がだせませんが、本物をみに、有名店にいってみたいものです。
まだまだ、勉強中ですが。。1個体でいろいろな呼び方があるようで。。

2009.05.25

レッドービーパンダシュリンプ

見慣れないでも、聞き覚えのある名前・・
新種だそうですが、今月のアクア雑誌にも掲載されていた、レッドビーパンダシュリンプと
ブラックビーパンダシュリンプ。
ネットで検索していると、1匹12万円。雑誌にはえさの問題が。。と
オークションをみていると、1件だけ発見。本物を一度、みてみたいなあ。。
それにしてもいろんなえびの種類がふえているなあ。。

レッドビーパンダシュリンプのオークション
http://www.bidders.co.jp/dap/sv/nor1?id=122598639&e=search&ic=se_item_end

水中ポンプ壊れる

ビーシュリンプを飼い始めてもう、何度目の夏だろう。。
夏が来る前に、最近、どんどん、ポンプが壊れてきています。
壊れたといっても空気を送れなくなっています。直せそうな感じもしますが、もう4,5年。
夏の暑い時期に壊れなくてよかった!
まだ、早いですが、夏対策。対策の一環に点検からはじめてみないといけないかもです。
少し定員オーバー気味の水槽にとっては生命維持装置のようなもの。ひやひやものです。

おすすめ商品?

濃縮 クロレラをえび水槽にいれるといい・・・・というブログ。
クロレラって?と調べてみると、販売しているところを発見!
生淡水産クロレラは直径2~10ミクロンの単細胞緑藻類ということで、
藻だからレッドビーシュリンプの好物なのかしら?
お店は近いので、一度試してみたいと思います。

成分は、こちらで詳しく説明がありました。
http://www.nikkai-web.com/SHOP/1.html

2009.05.14

えびねっと再開

これまで、かなり、管理人不在で、コンテンツも、なかなか更新できませんでしたが、すこし時間をつくって、新しいことを始めようと思っています。
みんなが集まるコミュニティということで、共有できるブログやSNSを立ち上げてはみましたが、いろいろな課題や問題もありました。
今回は、アクアリウムの方々が少しは役にたちそうなものを、少しトライしてみたいと思います。カッコよくいえば、ハード中心からソフト中心にって感じでしょうか。

まずは、自分の関心事になりますが、飼育水について、調べごとをしています。
ちかく、めるまがやコミュニティでご案内、ご相談をさせていただきます。

2009.05.09

富士山をぐるり

関東は、ここ数日は、雨模様。
今週末は、お天気は、晴れ。いまは、花が咲く時期で、どこにいこうかと迷ってしまいますが、今週は、芝さくらをみに、本栖湖リゾートへ。
朝は、8時すぎには、出発をしたのですが、途中、大渋滞。やはり、人気があるようです。

p5090098p5090099p5090133

本栖湖と富士山、逆さ富士は、昔の5000円札と今の千円札の裏に描かれている図案になったとか。
この場所の竜神池でも、条件がそろえば、逆さ富士がみれるそうです。

そういえば、花の模様も、全体をみると、竜の模様に似ています。七十万株の芝さくら。相当なものでした。
富士芝さくらまつりは、5月末まで、開催されているようです。ただ、河口湖経由は大変、渋滞するようです。
いくなら、富士IC経由のほうが、まだ、すいているようです。ほかにも迂回ルートがあるようです。

その後、溶岩流でつくられた洞窟を見学。鳴沢氷穴っていうところで、温度は、0度とか。
確かに中には氷はありましたが、見学も一苦労。。とても、狭くて、無理な体勢ですすむこと。。
氷水のしずくにも、ぽつりぽつり。。。なかなかです。
rimg0206rimg0227

その後、帰り道、本来なら山中湖で、チューリップをみたかったのですが、渋滞のため、別のルートで富士山を1周。
朝霧高原を抜け、富士宮のルートへ。。途中、草原があり、牛がいたり、馬がいたり・・・
こんなに近くでも、きれいな景色、風景があるとは。。
また、季節の違うときに、きてみたいです。
rimg0272

2009.05.06

秋田旅行-最終日

今日は、特段の予定はなし、
新幹線に乗って、東京にかえるだけ。

時間ぎりぎりにチェックアウトをして、田沢湖駅前をうろうろ。
関東は天気は悪いようでしたが、こちらはまだ、いい天気。
rimg0750

とても、距離を感じますが、新幹線なら、約3時間の距離。
東海道新幹線の3時間と、東北新幹線の3時間。
rimg0001rimg0761

スピードは違うようですが、なんとなく、東京からみた距離感や時間の流れも違うように感じます。
東北地方は、そう何度もこれるところではないので、可能な限り、また、訪れたいと思います。
今度は、桜の咲く、角館かな?弘前かな?
それとも、夏の十二湖(白神山地)奥入瀬?または、お祭りや花火の時期かな?
うまく、タイミングとスケジュールをあわせるのが大変ですが、いろいろなタイミングがあるので、うまく、計画をたてたいです。

2009.05.05

3 日目-田沢湖

今日はのんびり、起床。そして、そのまま、秋田駅から新幹線で、水深日本一の田沢湖へ。秋田ー盛岡間の新幹線はすべて指定のみで自由席車両はないのですが、フリー切符なら、空いている席は座れるとのこと。なんだか、難しいルールのような。。
田沢湖からさて、どうしようかな?と・・・
rimg0677
温泉の源泉をみにいくか、サイクリングで1周してみるか・・
まずは、ホテル近くの湖畔まで、バスで移動。天気もよいので、荷物を預けて、サイクリングをすることに・・1周で、約20km。ママちゃりで移動するのも、大丈夫?それに、2年ちかく、自転車なんて乗っていない。
なんてことは、さておき、スタート。

rimg0635

途中、桜もまだ、きれいに咲いていて、眺めつつ・・
それほど、上り下りのきつい坂はなかったけど、やはり、慣れないことをすると、後から反動がきそうです。

観光名所をいくつか、まわり、約3時間で1周。
rimg0683rimg0694rimg0727
フェリーでも、名所を回れるコースがあるそうです。(約40分)

ちかくのお土産売り場で、秋田犬の子犬2匹とあいました。
天然記念物?だとか。秋田犬といえば・・・
rimg0628

なんとか、無事、まわり終えてそのままホテルまで徒歩移動しました。

夕食は、これで最後なので、地元のきりたんぽ?と・・・期待はずれでしたが、地元料理+バイキングということで、自分の食べられる量にあわせて、食べられたのはよかったです。最近のホテルは、結構、こういう形式をとっているところがおおいような・・
張り紙をみていると、いろいろなコンサル会社が入っていてアドバイスしている感じがしました。ついつい、仕事ねたを探してしまいます。

いつもどおりの時間に床につき、今日の日程は終了です。

2009.05.04

2 日目・花めぐり

今日は、花めぐり、群生する植物をみるために、2か所のポイントへ。
1つめは、かたくりの花。2つめは、水芭蕉。
いづれも、シーズンはほぼ終わり、少し残っていれば、ラッキーといったところでしょうか。

ただ、車ならお手軽なんですが、電車での移動は少し難があり。
電車は、1時間に1本。ただ、もどりの電車は、数時間後。なかなか、予定が立てにくいです。

rimg0339rimg0349

まずは、秋田内陸線の八津へ。この沿線も存続が問われているようで。。
のどかな景色、電車は1両で、ワンマンカー。旅行にはいい感じです。

かたくりの花は、一面に咲いているはずですが、季節もおわり、ちらほら。
一足おそく、イベントも昨日まで。遅咲きの場所へ見に行きました。
rimg0363

つぎは、水芭蕉の群生へ。さて、電車は、2時間後。
そこで、沿線のバスを利用することに。
一度、角館にバスでもどり、そのまま、刺巻湿原、バスを乗り継ぎ目的地へ。

rimg04352rimg0443

その後、秋田市内へ、新幹線で、移動することに。。
秋田市内って、さて、どこをまわろうかな?

2 日目・秋田市内

秋田市内へは、15時に到着。
予定どおりにバスを乗り継ぎ、無事、スケジュールどおり。(結果的に)

秋田駅、さて、駅構内にある観光案内所で近所の地図をもらい、まずは、ホテルにチェックイン。
ぶらぶら、お買いものをして、おみやげを宅配でおくり、観光ポイントへ。

rimg0511rimg0520

残念ながら、外観だけを見学して、移動。(館内の営業時間は16時30分まででした)
その後、お城のある、公園へ。夕日がきれいでした。
rimg0523rimg0534
rimg0579

2009.05.03

連休を利用して秋田旅行へ。

今回は、3泊4日で連休を利用して、秋田へ。
秋田のフリーきっぷを購入して、新幹線での旅行です。
行先は、大雑把に、角館、田沢湖、秋田の3つの地域と宿だけは予約をいれました。

季節は、すでに桜の時期をとおりこし、きれいな葉桜をみることは覚悟しつつ・・まずは、角館へ。
こちらの有名なもの・・・稲庭うどん。 まずは、昼ごはんに、こちらを頂くことに。。

稲庭うどん

デザートは、甘いお菓子。もろこしあん。もろこしといえば、とうもろこし?とおもいきや、小豆をつぶした原料で製造されたもの。
健康によさそうな甘さで、とても、おいしかったです。ちょこ、なま、焼きといくつか種類があります。

もろこしあん

秋田・1日目

今回の旅は、昨年に続き、東北地方へ。
昨年は、鳥インフルエンザ、今年も、なにやら、不安なニュースがちらほら。。
国内旅行で、秋田県へ出かけました。

1日目は、角館。新幹線で、盛岡経由で、あっという間に到着。

まずは、昼ごはん。今回は、地元のものをできるだけ食べようと、まずは、稲庭うどんを頂くことに。
うどんといっても、そうめんのような乾燥したもののようです。

rimg0032rimg0145

その後、観光めぐりで、武家屋敷をいくつか、見学。さくらの時期が終わっていましたが、新緑のいい季節という感じの景色でした。

rimg0236

ガイドブックはほとんどが、桜景色。今回の撮った写真のほとんどが、葉桜です(笑)
宿泊は、駅前のホテルに泊まりました。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »