フォト
無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011.03.25

テレビCMはどこも同じ

もう、何回見たかしら。同じCM。そういう苦情も視聴者から届いているとか。
今日は、不動産屋と我が家売却の件で打ち合わせ。
地震が会ってから、不動産の仲介業務は、解約や手付け放棄なども増えているとか。
きっと、新築も、こんな時には買う気にもならないだろうなあ。
我が家の購入者も、もやもやしているとのこと。
さてさて、どうなることやら。落ち着くまで、あと1ヶ月はかかるんだろうなあ。

我が家の売却を決めて、早10ヶ月近く。長かった。
でも、まだ、終わっていないのが、しんどいなあ。
そして、日々のニュース。出来事は、これからの希望より、不安や心配が募るばかり。

東北の知り合い。大丈夫かなあ。
もちろん、連絡はつかないし、そちらに向かうことも出来ない。
なんだか、なにもできない自分にいらいらしてしまうなあ。。

2011.03.12

物資調達

原発事故。これからの生活はどうなるのかな?
ネットではいろいろなうわさや情報は流れていますが、
まずは、必需品の調達と近くのコンビニやスーパーで水と、電池を調達。

テレビでは、避難待避とか、外国人が日本から離れているとか。。
その後、政治家の一言が、首都圏のパニック買いが始まることに。。。

ガソリン、水、電池、どこにいっても品切れ状態。
1日違いで最小限のものは調達出来たけれど、恐ろしい。
来週からは聞き慣れない、計画停電?

我が家も対象区域なのかしら。

2011.03.11

東日本大震災と自宅の売却契約

今日は、自宅で仕事。昼ご飯を食べて、休憩していたところ、聞き覚えのあるあのブザー。
携帯電話の緊急地震速報のアラーム。

まず、我が家は、いつも水槽の転倒を恐れて抑えて待機していると、揺れる揺れる。
阪神大震災の時は、夢の中で地鳴りで目覚めたけれど、
今回は、日中に、それも、数秒前から待ち構えて。。長く続く揺れ。

水槽の中は、真っ黒。水もあふれ、普通の揺れではないことはすぐにわかった。
テレビをつけてみると、以前と同じく、断片的な情報のみ。
数十分すると、大津波警報?津波警報と何が違うの?
ただ、ただ、普通ではないなあ。

地震にあうと我が家も暗黙のルールで、直後に電話で安否連絡の確認。
そして、地方の実家へ連絡。
テレビは、津波の映像をとらえ、街はみるみる飲み込まれていく。
なにか、映画のように現実として、なかなかみれませんでした。

この日、首都圏は、帰宅難民がおおく、交通も完全に麻痺。
奥さんも、20K以上、8時間かけて歩いて帰ってきました。
地震だけで終われば、まだ、復旧も早かったのでしょうけど、
今回は、加えて、日本で原発事故。たった1日で、大きく変わっていきます。

次の日は、為替はパニック的な円売り。
経済も混乱と、日増しに状況は悪くなっていくようにも感じられます。

ちょうど、こんな日に、我が家は、売買契約締結に。。
不動産屋まで、自転車で移動。なんというタイミングなのかしら。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »