フォト
無料ブログはココログ

« 2011年7月 | トップページ

2011年8月

2011.08.21

帰国ラッシュ

今週末は、雨。
どこか、お出かけしてカメラの試し撮りにいきたいけれど。。

今日で夏休みの人もおおいようで。ニュースでは、帰国ラッシュの話題。
明日からは、そろそろお客さんも通常業務へとむかうのかしら。

サラリーマンのころは、1週間休みって、気楽なものだったけど。。
会社経営となると、お休みはとれないなあ。
週末休めるだけでも、よしとしないと。。 

2011.08.20

円は75円。金相場は最高値

夜、ぼんやりと為替相場をながめていると、地震以来の最高値のドル円が75円台に。
スイスと円は逃避先ということで、高くなっているけど、スイスは国をあげて次々と対策。
日本は介入が地震から数回。ただ、1,2日ですぐにもどってしまう。

足下みられて狙われている感じにも、みえる。
相場は、ゴムをひっぱっているような感じで、かならず、戻りが少しある。
(もとの価格まではもどらないことがおおいですが)
行き過ぎの反動というべきなのかもしれませんが。。

1分1時間をみていると、上がった、下がったというその場の雰囲気になるけれど
日や週をみると、おおきなトレンドがある。
木を見て森をみず。という言葉のように、間近と引いてみる大切さを実感できる。

ただ、投資の観点で、短期か長期かでもかわってくるけれど、短期の場合は、やはり森では
勝つことは出来ず、木をみないといけないこともあり。。。

目標によって、見方がかわる。
ビジネスや生き方にもある部分、当てはまる、参考にできることがあるような。。
その場、その場では意味がないようにみえることでも、長い目にみると役にたつこと。
トレンドがかわる潮目をみること。。雰囲気、うわさと逆を動くこと。
いろいろ、みているとおもしろい。

週明け、最安値を更新することはあるのかしら。。
この数年、円高トレンドですが、そろそろ、潮目がくるようにも感じる。
そろそろ、買い時なのかもしれない。。

ことわざで、腐っても鯛。揺らいでいる基軸通貨のドル。
いろいろあるけれど、やっぱり、ドルが基軸通貨として続くのかな?

 

2011.08.18

iPhone5のうわさ

今年の10月前後に予約、発売のうわさの記事。
タイミングとしては、そろそろなのですが。。
 
すこし前に仕事に購入した、iPad2。初めての体験のSIMフリーモデル。
いまは、ドコモ回線のSIMカードをいれて使っています。
それと同時に、ソフトバンク回線を利用したiPhone4を解約。
いまは、Wi−Fiでつないで利用していますが、利用上の不自由なことはありません。

ただ、スマートにつかうには、やはり、3G回線がいいなあ。
iPhone5は、ソフトバンク以外からもでてこないかなあ。と、期待薄ながらKDDIから
でてくることを期待しています。

仕事上からみると、バージョンアップの頻度が多すぎてついていくのが大変。
利用者にはいいことですが、アプリ開発をすると、更新頻度がおおくなると、管理も大変です。


iPhone4 SIMフリー版 

2011.08.16

お盆休み

今年は休みなく、お盆は、会社の電話番。
仕事の依頼はそこそこありますが、取引先はほとんどが、お休み。

これでは、仕事ができないなあ。
今年は、長い夏休みや、在宅勤務などもはじまり、家族や自分の時間
を多くもつことができるようになっているとのこと。

いままで、当たり前のライフスタイルも、少しかえてみると新しい発見が
あるのかもしれません。
小さかった頃は、いなかの帰省が大きなイベントで楽しかったなあ。

ほしいなあ。サブカメラ。

先週のまつりの余韻も残りつつ・・・
行く前に、せっかくだからと、ニコンの一眼レフを購入。

学生時代に、フィルムタイプのキャノンのカメラはもっていたけど、練習なしのぶっつけ本番。
カメラの性能のおかげで、なんとか、お祭りの暗闇もそこそこ撮れました。

これでは、駄目だなあと、関連本を何冊か読みあさり、気付いたことが、サブカメラ。
暗闇の撮影。コンデジのDSC-HX9Vを持っていき、動画撮影にはそれなりに活躍。
ただ、何かが違うなあ。

フラッシュなしでとれるものは。。
一眼レンズの買い足しか。。。。明るいレンズのコンデジか。。。。悩ましい。
購入候補は、下記の4台。それぞれ、一長一短があるし。。

キャノン PowerShot S95 、
センサーが大きくてぶれにも強い?



広角から望遠まで、明るいレンズのオリンパス XZ-1、
 

ニコン P300
手ぶれ補正付きで、ズームもあり。ただ、センサーサイズは通常のもの。

そして、曲者のリコー GR DIGITAL III。。
今は、約3万円。発売当時は倍の値段。



悩んで、結局、購入は見送りに。。。
もうじき、あたらしい機種がでる頃、今の世代を買うなら今が底値と思いつつ
新製品発表をみてから決めることにします。

どんどん、役割別のデジカメが増えていきそう。。。
夜景用、人物用、風景用・・・なんて。。
一眼カメラ一台でなんとかなるんでしょうけど。カメラ頼みの撮影になっています。

2011.08.12

恐ろしい為替変動

アメリカのデフォルト懸念、格下げなどで、為替は乱高下。
数円の上下はみたことがあるけれど、今日は、6円も変動のあった通貨。スイス円。
日本とスイスの円相場は、リスク回避で高値となり、スイスは介入開始。
日本と違ってなにか、怖い。徹底しているというか、強い意志が感じられる。

ここで、売れば、いいというのはわかっても、あまりの動き幅の大きさに、ただ、眺めているだけ。
日本は、これから、円高?それとも、円安?
だれかが、シナリオをもって動いているようにみえて、なんだか。。さめてしまう。

2011.08.08

函館山

本当なら、青森で花火大会、そして、宿泊といきたかったのですが、宿が満室。
かわりに電車移動で、函館山の夜景をみにいきました。
しばらく、海沿いの線路と国道を並行にすすみ、青函トンネル。
19時すぎに函館駅に到着です。

以前にも、行ったことがあったのですが、あんまり、かわっていないみたいです。
早々に、駅前のホテルでチェックインを済ませ、今回は、市バスで、函館山に登ります。
お天気もよく、ばっちり、みることができました。
ただ、写真は、いまいち、綺麗にとれていません。まだまだ、です。。。
カメラ操作と格闘しながら、一番きれいに撮れたのは、携帯カメラかな?って感じです。

この時期には珍しく、いいお天気だったとか、花火大会は次回ということで。

DSC_0707 
DSC_0773 

2011.08.07

奥入瀬渓流ホテルと岡本太郎作

今回のねぶたまつりの参加は、奥入瀬渓流ホテルからのオリジナルツアー。
八戸までは、バス(観光バス)でお出迎え。
以外に距離があり、1時間ちかく、天気も晴れから大雨、そして曇り空。

施設のなかには、岡本太郎さんの制作した作品があちこちに。。
DSC_0262 
DSC_0250 
DSC_0259 
DSC_0365 



昼のねぶたと、函館へ

今回は、結構、ハードなスケジュールで、奥入瀬近辺の散歩は、次回ということで
早朝に少しだけホテルの近所を散歩。

ホテルから、往復、約1時間。
DSC_0266 
DSC_0280 
DSC_0305 

とんぼも、随分、人なっつこいです?(笑)

ねぶたまつりは、複数日で開催。最終日の前日の夜は一番沢山みれるとか。
最終日は、審査結果の上位のものを海上でご披露。
そして花火大会だそうです。

昼間も、一部のねぶたは、青森中心部の商店街を歩きます。
夜とは違った見え方がします。
観客は、夜より昼のほうが少し静かだったような。。
昨晩の疲れがでているのかもしれません(笑)

その後、市内の観光名所、青函連絡船やねぶたの歴史や制作行程などがわかるラッセランドなどをぶらり。

夕方には、特急で、青森から函館へ移動です。
予定では、19時すぎには、到着です。近そうで遠い距離感。約2時間すこし。

数年後には、新幹線が函館まで行きます。その頃に、また、行きたいなあ。

2011.08.06

東北まつり・ねぶた見学へ

ずっと、行きたいといいながら、計画がたてられなかった、東北方面の夏祭り。
今回は、珍しく、1ヶ月前から行動していましたが、やはり、宿はなく。。満室、満席。

今回は、すこし離れた奥入瀬のホテルが企画している、ねぶたツアーに参加。
奥入瀬から青森市内まで、片道、約1時間すこし。。バスで山道を往復移動します。

見慣れないものがいろいろありました。
すこし、目線が高めになる有料観覧席。
エリアはきまっていますが、細かな場所指定はなし。。団体様専用かしら?
すこし、高さがあり、みやすかったです。

DSC00376 
 
写真をとりはじめて、気づいたこと、行列の並びにパターンがあるような。
すべて、順番があることは、あとから知りました。

大勢の子供から小中高と大人まで、市民参加の家族総出?
各スポンサー企業の社員と家族総出?という感じ。
大勢で、迫力のあるにぎやかなお祭りでした。

上から順番に並び順の資料がありました。
DSC00512DSC00511 
DSC00510 

スポンサーは、地元企業から、市長から議員連盟、メーカーまで、各社のブランドとあわせて
ねりあるきます。

気のせいか、電機会社や飲料メーカーが多かったようような。。
あとの写真はアルバムで。

ねぶたまつり
http://blog.ebi-net.jp/photos/nebuta/

« 2011年7月 | トップページ